激震「二階幹事長」勇退

「次の選挙に出ない。安倍首相には伝えた」。自己の体調と政局を見極めながら観測気球。政権構造を一変させかねない。

2019年1月号 POLITICS [体調不良と検査入院]

  • はてなブックマークに追加

臨時国会閉会の12月10日、自民党は二階俊博幹事長の検査入院を発表した。3日に体調不良を訴えて衆院本会議を欠席。その後、まず「インフルエンザと診断されたので自宅で療養する」と発表があった。ところが、インフルエンザの隔離期間が明けるはずだった1週間後、今度は「熱は下がったが、診察の過程で高血圧の症状が見られたため、10日から東京都内の病院に入院する」として休みが延びた。血液検査のほか人間ドックも受け、入院は1週間程度の見通しというが、病名も期間もあいまいだったため永田町に臆測が広がった。伏線があった。姿を見せなくなる1カ月前から、二階氏周辺で微妙な進退情報が声を潜めて語られていたからだ。「二階さんは次の選挙に出ない。議員を辞めた後のことも考えている。もう安倍晋三首相には伝えた」二階氏は2019年2月17日で80歳になる。最近の長寿社会ではまだ元気な方だが、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。