カジノ王・岡田が「肉弾突撃」

荒井裕樹弁護士と「共闘」を組み、中国検察当局にロビー活動。起訴されたら一巻の終わり。

2019年1月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

敵の敵は味方ということか──。ユニバーサルエンターテインメント(UE)への復権を目論む創業者の岡田和生氏(76)は現在、あの荒井裕樹(ゆうき)弁護士(42)に急接近中のようだ。本誌2018年11月号で詳述したように今春以来、荒井弁護士は巨額の成功報酬支払いをめぐりUEと敵対関係にある。岡田氏はひと頃、追放劇の裏に荒井氏がいたと疑っていたフシもあるが、今や最も頼りとする存在らしい。11月14日夜、岡田氏と荒井氏の姿は東京・麻布十番の路上にあった。目撃者によると、メインストリートに面した海鮮料理屋を出たところらしく、2人ほどの同行者がいた。和気あいあいとした様子だったという。周知のように岡田氏は香港の汚職捜査機関ICACにより捜査中の身だ。英領バージン諸島(BVI)籍の「ゴールドラック・テック」などとの間で行われた約20億円に上る一連の金融取引にマネーロンダリング(資金 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。