「お貰いNGO」大西の尻に火

お貰いは皿が多いほどいい、とつい本音。口八丁の策に溺れ、書類送検で日干しの大ピンチ。

2019年1月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

とうとう国際協力NGO大手、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)代表理事の大西健丞(けんすけ)(51)が書類送検された。11月20日、広島県警生活環境課と福山北署が、狂犬病予防法違反と県動物愛護管理条例違反の疑いで、大西らPWJ5人を身柄拘束なしの検察官送致としたのだ。本誌18年8月号と12月号で報じたように、PWJは「ふるさと納税で犬の殺処分ゼロ」を掲げて広島県神石(じんせき)高原町で捨て犬保護センター「ピースワンコ」を運営しているが、17年度に生後91日以上の犬25頭に打つべき狂犬病予防注射を怠り、18年2月には犬12頭が脱走して5頭が野犬化したため、6月に県警の家宅捜索を受けていた。PWJは16年4月から県の殺処分対象の全頭引き取りを始め、それを地元のふるさと納税の対象にしたため、17年度に寄付5億4542万円が集まる“ヒット”となった。他方、膨れ上がる収容犬(18年6月時点で2300頭) ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。