病める世相の心療内科㉔「荒海とヨット」のエクスタシー

2019年1月号 LIFE [病める世相の心療内科㉔]

  • はてなブックマークに追加

グアム島から7人のベテランセイラーとヨットに乗り、2週間かけて日本まで2400キロの船旅をしたことがある。グアムの天気は晴朗なれど波高しで風もほどよくあり、出航直後は快適なクルージングであった。しかし、私は乗って半日もしないうちに、船酔いでキャビンに転がっていた。ヨットは動力船より安全な乗り物だが、乗り心地は良いとは言えない。とくに船酔いは難敵である。体中の力が抜け、動けなくなり、胃液も吐き出したくなる。キャビンを汚せないので、やっとの思いでデッキに這い上がり、海に頭を突き出しゲロゲロやる。早く船から降りたいが、一度乗ったら、とにかく陸につくまでは降りることができない。この降りられないという感覚は格別である。冷静に考えると、別に船に乗らずとも、私たちは自分の属する会社や家庭という船から降りられず、逃げ出すことができない。こういった逃げられない ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。