松本関経連会長が窮地 大阪万博「400億」拠出金

地盤沈下の関西財界にとって400億円のカネ集めは至難の業。松井府知事の「助け舟」も不発。

2019年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日本(大阪)92、ロシア(エカテリンブルク)61――。2018年11月23日(日本時間24日未明)、パリで開かれた博覧会国際事務局(BIE)総会は決選投票の結果、2025年国際博覧会(万博)の開催地を大阪に決めた。現地で歓声を上げた日本代表団の中に関西経済連合会(関経連)会長(住友電気工業会長)の松本正義(74)もいた。4年前に万博誘致構想が浮上した当初は消極論を唱えていたが、17年5月の関経連会長就任を機に豹変。開催決定を受け、今後は企業に資金拠出を呼びかける先頭に立つが、地盤沈下の著しい関西財界にとって400億円の目標額達成が早くも絶望視されるなど前途は多難だ。「期待に応える、びっくりするような万博にしなければならない」。11月28日、関西の経済3団体(関経連、大阪商工会議所、関西経済同友会)が大阪市内で開いた記者会見で松本は4日前のパリの興奮が冷めやらぬ表情でこう語っ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。