「リゾマン管理組合」を突如支配し何する気

2019年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

バブル期に多くのリゾートマンションが建ったことで知られる新潟県湯沢町で、不思議な動きがでている。マンションの管理組合役員に、部屋を買ったばかりの所有者が一斉に立候補して、理事に名を連ねたのだ。いったい、何をしようとしているのか、管理組合に関心がなかった所有者も注目し始めた。湯沢町のリゾートマンションでは、所有者の高齢化などにともない、スキーをせず、部屋も使わない所有者が増えている。ところが、値段を下げても売ることができず、管理費も払わずに放置する所有者も多い。滞納を放置すると広がるため、管理組合はこれを裁判所で強制的に売却する「競売」にかける。しかし、その買い手も現れないため、自分で落札する事態になっている。こうした「自己競落物件」は、各マンション管理組合が不動産業者に頼んだり、入居者のつてで売ったりする努力をするが、保有すると、管理費 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。