関空水没「日仏経営陣」が大口論

秘かに出回る「日誌」を読んでビックリ。水浸しの滑走路や歪んだ連絡橋より、役員らの方がはるかに酷い「機能不全」だった。

2019年1月号 BUSINESS [コンセッション方式の罠]

  • はてなブックマークに追加

エマヌエル・ムノント副社長「国交省の復旧プランを私は聞いていない。わざと情報を我々ヴァンシに知らせなかったのでは」山谷佳之社長「あなたに直接報告した」ムノント副社長「ならば翻訳が稚拙でうまく伝わらなかったんだ」山谷社長「そんなに不信感を持つなら君が日本語を学べばいい」 山谷氏は激高し、テーブルをドンと叩いた。収まりそうにない罵り合いに職員の一人が「冷静に議論して適切な経営判断を」と割って入った。だが、その後もムノント氏は別のプレス発表案について「内容を聞いていない」とさらに文句をつけた||。2018年9月4日、関西国際空港は巨大台風21号の直撃を受けた。冒頭のやり取りはその4日後の9月8日、復旧対策にあたる空港運営会社「関西エアポート」(KAP)の社内会議の様子を描いたものだ。危機的状況下でこうしたKAP役員の内紛や判断ミス、情報途絶が連鎖した実態を克 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。