FACTA銘柄 Sin-Bin Box アルパイン (東証1部)

エリオットを利した「投げ売り」株価算定

2019年1月号 BUSINESS [FACTA銘柄 Sin-Bin Box ]

  • はてなブックマークに追加

11月、カーオーディオで知られるアルパインのIR(投資家向け広報)チームが、米運用会社幹部と電話会談した。アルプス電気からの買収提案受け入れを問う臨時株主総会が12月5日に迫っていた時期である。この運用会社はアルパイン株を1%以上保有していた。買い手のアルプス電気が40%を保有するとはいえ、買収提案が通るためには出席株主の3分の2の賛成投票とハードルが高い。アルパイン側は米運用会社の賛同を得るために「身売り」の根拠を必死に訴えた。「うん、うん」と電話先の向こうでうなずいていた運用会社の幹部が、しばらくすると態度を硬化させた。「何ですか、この買収価格は? 理解できません」。挨拶もおざなりにガチャリと受話器を置いたという。臨時株主総会では結局、買収案が約73%の票を獲得した。アルプス電の持ち株を除いた少数株主の45%が反対に回った格好だ。冒頭の米運用会社も ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。