「読売」読者裏切る10%値上げ

軽減税率を受ける大新聞が「二重取り」で反発必至。部数減が加速、「新聞崩壊」の最終章。

2019年1月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

「新聞離れ」に歯止めが掛からない中、最大部数を誇る読売新聞は2019年1月1日から購読料を約10%値上げする。本体(税別)価格を1994年以来25年間にわたり据え置いてきたことや人件費・輸送費の上昇で戸別配達網の維持が困難になってきたことが理由だ。毎日新聞なども追随する方向だ。

毎日新聞も追随へ

宅配の新聞は10月から実施される消費税率10%への引き上げに際し、軽減税率(8%に据え置き)の対象になっており、今回の値上げが「二重取り」との世論の批判に晒されるのは必至。購読者離れに拍車がかかり、さらなる部数減を招く「負のスパイラル」に陥る可能性が高い。読売新聞は1月から、朝夕刊セットを月額4037円から4400円に、朝刊のみの統合版を3093円から3400円に、駅売りを1部130円から150円にそれぞれ値上げする。併せて読者離れ対策として、全員にID・パスワードを配布し、2月からスタートする新しいネッ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。