古河電工がワークスアプリに「50億円訴訟」

2019年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

統合業務ソフト大手のワークスアプリケーションズ(東京都港区)が、また訴えられた。同社は本誌で既報の通り、兼松エレクトロニクス(東証1部)から14億円、アニメイトホールディングス(東京都板橋区)から3億円に上る損害賠償請求訴訟を提起され、今なお係争中だ。今回、ワークス社を訴えたのは、古河電気工業(東証1部)とその子会社、古河AS。11月6日、東京地裁へ提起したことを公表した。目を疑ったのは、兼松エレ、アニメイトをはるかに上回る請求額50億円超。「システム開発がらみの訴訟でこれほど巨額の請求は異例」(業界関係者)と物議を醸している。古河電工によれば、同社は16年、グループの基幹系業務システム構築プロジェクトをワークス社に発注した。しかし、開発作業の遅延が度重なり、本稼動予定期日までに完成しないことが明らかになり、ワークス社との契約を解除。既払代金の返還と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。