「立憲と国民」再々編を拒む支持率と政治資金の捻れ

2018年12月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「新潟市長選で野党共闘の限界が改めて明らかになった」と溜息を突くのは立憲民主党の議員秘書。10月28日投開票の新潟市長選で保守分裂となったにもかかわらず、野党5党が支援した候補の得票数は、自民系候補2人の合計の半分にも満たない惨敗となった。来年夏の参院選を控え、地方選挙のたびに足並みが揃わない野党共闘より、野党再々編を望む声は根強い。ただ野党のベテラン議員は「政党支持率と政党助成金の捻れが、野党再々編への道のりを遠く、険しくしている」と漏らす。野党各党の政党支持率で独走状態にあるのは立憲民主党だ。結党直後の勢いはないが、10月のNHK世論調査で各党が3%以下に低迷する中、立憲民主は6%台を確保。枝野幸男代表は無所属の会の岡田克也代表が唱える「旧民進党再結集」の動きとは距離を置き「ゆるぎない野党第1党」を築く独自路線にこだわる。一方、支持率1%の国民民 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。