三菱UFJの恥部「ジャックス」悪徳融資

板垣社長が、あのゴルフスタジアムの堀社長に感謝状。「詐欺」と知って組んでいたのなら犯罪だ。

2018年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

全国のゴルフレッスンプロ1千人を道連れにして2017年に破産した「ゴルフスタジアム」。この「事件」で「かぼちゃの馬車」におけるスルガ銀行の役割を果たしたのが、大手信販会社8社。中でも三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)のジャックスとゴルフスタジアムが「ただならぬ仲」にあることが、明らかになった。

「ヤバい案件」を押し付け?

堅実経営で知られるジャックスが悪徳商法の片棒を担ぎ、MUFGの恥部になりつつある。ゴルフスタジアムはレッスンプロに「広告を掲載させてくれれば無料でホームページを作成する」と持ちかけ、その過程でスイング解析ソフトを300万円から1千万円で売りつけた。17年2月に広告料の支払いが停止し程なく同社は経営破綻した。クレジット契約を結んだレッスンプロ約1千人が背負った負債は総額40億円。返済不能で自己破産したプロもいる。被害者614人で作る「ゴルフスタジアム被害者を守る会」 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。