就活ルール「経団連の退却」でただ無秩序に

2018年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日本経済団体連合会(経団連)の中西宏明会長は10月9日、これまで経団連として出してきた「採用選考に関する指針」を取りやめることを決め、発表した。一方で、この役割を政府がそのまま引き継ぐことになり、ルールそのものに当面、変更はないとみられている。ただし、経団連が一線から退くことで、今でも守られないルールがさらに無秩序化するのでは、との懸念が出ている。一連の騒動となったのが9月3日の記者会見。中西会長は二つのことを主張した。一つは、学生に何の対応もできない経済団体の経団連が就活・採用の指針を出すことへの疑問だ。外資系など指針を守っていない企業が多く、批判ばかりされることに嫌気がさしたようだ。最終的にこの思いは受け入れられ、指針(ルール)の策定は政府が引き受けることになった。一見、これまでとあまり変わらないように見えるが、ルールの実効性に関して言 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。