RIZAP子会社役員に「わけあり人材」

2018年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

2021年3月期の連結売上高3千億円の達成に向けて拡大を続けるRIZAPグループ(以下RIZAP)。今年6月には、カルビー前CEOの松本晃氏を最高執行責任者(COO)に迎え、成長加速に向けた新経営体制に移行した。松本氏は10月1日付で代表取締役構造改革担当となり、グループ全体の経営課題への対応の指揮を執る。多数のグループ会社を束ねる持ち株会社・RIZAPの経営管理体制をさらに強化する狙いだ。松本氏以外にも、著名な大企業の出身者がRIZAP取締役に名を連ねる。100円ショップの大創産業・元専務の内藤雅義氏、ユニクロのファーストリテイリング執行役員CIO(最高情報責任者)を務めた岡田章二氏などだ。買収した子会社を見ても、各業界で経験豊富な人材を外部から招聘したケースが少なくない。だが、最近の子会社の取締役人事の中には、首を傾げたくなるものもある。たとえば、傘下のジーンズメイト(東証 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。