安倍訪中「民間連携」覚書は官邸主導の「ハリボテ」

2018年12月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

安倍首相は10月末、日本の首相として7年ぶりに中国を公式訪問した。北京での習近平国家主席や李克強首相との会談は「近年まれにみる規模」の民間企業トップを同行させ、蜜月をアピールした。日中の企業や公的機関が交わした覚書(MOU)は実に52件。みずほフィナンシャルグループと中国国家開発銀行・工商銀行との業務提携、日立製作所と中国東方電気集団の連携など派手にぶち上げた。だが、MOUの多くは既に合意済みであったり、内容が詰まっていなかったり。中国経済通は「まるでハリボテ」と酷評する。今回の日中首脳会談の影のテーマは「トランプ対策」に他ならない。トランプ政権は、中国に次々に制裁関税を発動し、日本も2国間の関税引き下げ交渉に引きずり込んだ。安倍首相の訪中では「トランプの横暴を恐れた習近平が、日本との関係改善を演出し、米国牽制を試みた」との見方がもっぱら。とはいえ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。