カラコン通販「シーンズ」に取引銀行が警戒

2018年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

若い女性に人気のカラーコンタクトレンズの通販業者「シーンズ」(東京・西新宿)について取引銀行が「急成長しているものの背後の人脈が怪しい」と警戒を強めている。今年3月期の売上高は78億円と前期比85%も増加。ファッションモデルの「みちょぱ」こと池田美優がプロデュースしたカラコン「DopeWink」が好調で、8月には人気アーティスト「AAA」(トリプルエー)の宇野実彩子とコラボした新商品も発売するなど、勢いに乗っている。たしかにドン・キホーテなどでよく売れているようだ。「しかし、それだけでここまで売上が伸びるとは思えず、仲間うちでの循環取引の可能性も疑っている」(取引銀行)という。もともとは九州を中心に180店舗展開するメガネチェーン「ヨネザワ」(本社・熊本市)のネット通販部門として2003年に「ネットランドジャパン」の社名で設立された。しかし、ヨネザワ関係者はす ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。