IBM女帝にバフェット激怒

就任以来、売り上げは右肩下がり。なのに報酬は35億円。バフェットは愛想を尽かした。

2018年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

340億ドル(約3兆8千億円)という過去最高額を投じ「Linux(リナックス)」関連サービスなどを提供するレッドハットを買収する米IBM。主導したのは女性CEO(最高経営責任者)のバージニア・ロメッティだ。就任から6年間、売り上げを右肩下がりで落とし、空気を読まない高額報酬で有名投資家にも愛想を尽かされた。退任を求める声が高まる中で乾坤一擲の手を繰り出すが、すでに買収の費用対効果に疑問の声があがる。後任にはジーンズをはいた異質の人材の名前もあがるが、名門復活は遠い。

取締役ポストの「持ち合い」

2017年、ウォーレン・バフェットが率いるバークシャー・ハサウェイが、保有していたIBM株を大量に売却したというニュースが話題を呼んだ。バフェットが同時にアップル株を買ったことから、いよいよバフェットまで東海岸の伝統的な名門企業を見切り、アップルに代表されるシリコンバレーに資金を移し始めたと騒が ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。