神社本庁総長が「改憲」居座り

「辞める」と啖呵切って1カ月。日本会議副会長だけに、安倍改憲をにらみ、慰留されて頬っかむりとは。

2018年11月号 DEEP [強圧政治の往生際]

  • はてなブックマークに追加

辞めるべきか、辞めざるべきか――。田中恆清・神社本庁総長の胸は千々に乱れている。9月11日に開かれた役員会で、一度はこう啖呵を切った。「これ以上、皆さん方から暗に批判されるのは耐えられない。悔しいが、今日で総長を辞めさせていただきたい」本来なら、辞表が提出され受理されると、象徴的存在の鷹司尚武統理が後継を指名して、新体制がスタートする。だが、1カ月以上経っても辞表を出さない。その間、顧問・長老を集めた臨時役員会が10月3日に開催され、注目されたが、田中氏は自らの進退には言及しなかった。一方、10月1日、田中氏が宮司を務める京都の石清水八幡宮職員の結婚式があり、来賓として出席した田中氏は、「神社本庁総長」と書かれた式次第を見て、「もう総長じゃないけどな」とつぶやいている。次に進退表明があるのは、全国から百数十名の評議員があつまる10月24日の評議員会。そ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。