猛女が霞む安倍「自爆テロ内閣」

初入閣12人は「訳あり」だらけ。片山がまともに見える政権の危うさは推して知るべし。

2018年11月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

国立国会図書館が内閣改造・自民党役員人事直後に作成した97ページに及ぶ秘密資料がある。「『政治のカネ』などのスキャンダルや問題視された発言などに関する主な新聞・雑誌記事を御提供いたします」。添付されたのは第4次安倍改造内閣で新たに代わった13人の閣僚の「過去」記事だ。その数全部で82本。「これって『自爆テロ内閣』っていうんじゃないか」――。自民党幹部はあまりの醜聞の多さにため息をつく。資料作成に先立つ3日前の10月2日。安倍晋三首相は自らの人事を自賛した。「それぞれのポジションで腕を磨いてきた実務型の人材を結集した。明日の時代を切り開くための全員野球内閣だ」。苦し紛れの言葉に政界関係者からは失笑が漏れる。日本経済新聞が改造直後に行った世論調査では、内閣支持率が55%から50%へと下落した。野党は「在庫一掃内閣」「閉店セール内閣」と批判する。よくもこれだ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。