「逆ニクソン」見えぬ安倍外交

「前提条件なく日ロ平和条約」というプーチン・サプライズで見えた虚構。領土に固執して中国封じに乗り遅れたか。

2018年11月号 GLOBAL [プーチン「爆弾発言」]

  • はてなブックマークに追加

安倍外交の「馬脚」が見えた。ロシア極東部に外国資本の投資を促すために2015年から毎年、ウラジオストクで開かれている国際会議「東方経済フォーラム」。その全体会合が9月12日に開かれ、安倍晋三首相、習近平中国国家主席、ウラジーミル・プーチン大統領の日ロ中3カ国首脳に、モンゴル大統領、韓国首相ら豪華メンバーが檀上に顔をそろえた。そこでプーチンが「いま思いついた。平和条約を前提条件なしで結ぼう。今ここでとは言わない。今年年末までに結ぼうではないか」と唐突に発言した。同時通訳がどう翻訳したのか不明だが、ヘッドセットで聞いていた安倍はうなずくだけだった。領土棚上げで平和条約? 官邸留守番役の菅義偉官房長官は、会見で「(発言の)意図についてコメントすることは差し控えたい」と逃げ、10日の日ロ首脳会談で「無条件」での平和条約締結の提案はなかったと述べるにとどめ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。