会計スキャン DMG森精機

ドイツの優良社を丸抱えにしたが重い財務負担に直面

2018年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

DMG森精機は世界ナンバーワンの工作機械メーカーで、業績好調の優良会社ということになっている。会社は、2009年3月、独国ギルデマイスター社(以下DMG社)との業務資本提携を締結し、同社との関係を強化していたが、15年3月、DMG社株式の公開買付を行い、15年12月、同社を経営統合した。DMG社はフランクフルト証券取引所の上場会社である。株式公開買付の結果、会社はDMG社の議決権付発行済株式の52.54%を取得し、DMG社の実質支配権を獲得した。有価証券報告書の開示によれば、DMG社の支配権獲得のための取得対価は1853億円となっている。会社は、15年12月期の連結財政状態計算書において、DMG社の買収に伴う無形資産548億円と「のれん」668億円を資産計上した。有価証券報告書による開示によれば、15年12月期の連結損益に含まれるDMG社の当期利益は188億円とされているので、会社によるDMG社買収の投 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。