成功報酬120億円求めた凄腕弁護士「荒井裕樹」

パチスロのユニバーサル社と常識はずれの訴訟沙汰。「空売りレポート」の教祖は一体、どこに向かうのか。

2018年11月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

請求書の金額を見て会社側は腰を抜かしたに違いない――。約120億円に上る訴訟関連の成功報酬を求める裁判が7月、東京地裁に起こされた。被告はパチスロメーカーのユニバーサルエンターテインメント。原告は「ウェル・インベストメンツ」なる英領バージン諸島の会社。その背後にいるのは、青色LEDの発明対価訴訟で名を馳せた荒井裕樹弁護士(42)である。事の経緯はこういうことだ。今から6年前の2012年2月、ユニバーサル社は資本提携先の米カジノ会社、ウィン・リゾーツ社と激しい対立に陥った。この時、提携解消を望むウィン社はユニバーサル社が持つ約2割の株式を強制償還すると宣言、かわりに約19億ドルの約束手形を送りつけた。手形は10年満期で年利2%というもの。あくまで提携継続に拘るユニバーサル社は受け取りを拒絶して米国ネバダ州の裁判所に提訴、利息も信託口座に預託した。「俺が陣頭指揮 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。