NHKスクープ「日米、TAG交渉へ」は嘘っ八

2018年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

4時間の懇談でいったい何を議論したのか。安倍晋三首相は9月下旬、ニューヨークでトランプ米大統領と夕食会、公式会談と2度にわたり膝をつき合わせた。政府発表の共同声明によると、日米両国は関税撤廃・削減を目指す「物品貿易協定」(TAG=Trade Agreement on Goods)交渉に入る。安倍は「包括的なFTA(自由貿易協定)とは全く異なる」と言い切ったが、まやかしだ。日米が始めるのはサービスも視野に入れた自由貿易交渉であり、それはFTA交渉にほかならない。安倍訪米の最大の目標は、米国が検討する25%の自動車追加関税を許してもらうことだった。安倍は「(トランプには)言いたいことを言っている」と強調するが、実態は追従だ。自動車関税の脅しに屈し、FTAが不可欠となる農産品の市場開放を差し出した。だが、これまで安倍は米国との協議は「FTA交渉ではなく、予備協議でもない」と弁明しており ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。