携帯5G「落伍レース」号砲

周回遅れの楽天かと思いきや、華為・ZTE依存のソフトバンクに「黒船」。ドコモも旧電電ファミリー頼れず。

2018年11月号 BUSINESS [超高速通信インフラ]

  • はてなブックマークに追加

司会がとんだチョンボをした。10月3日、総務省地下2階の講堂に、移動通信大手(MNO)4社のトップ級がずらりと顔をそろえた。有識者会議(主査・森川博之東京大学大学院教授)5人の前で、第5世代(5G)携帯電話の自社計画をプレゼンする公開ヒアリングの場である。シェア順にNTTドコモの吉沢和弘社長、KDDIの高橋誠社長、ソフトバンク(SBT、旧ソフトバンクモバイル)の宮内謙社長の3社長がプレゼンと質疑応答を終えたところで、司会が「これで各社のプレゼンが終わりましたので……」と楽天モバイルを忘れかけ、会場がざわつく。隣につつかれると、慌てて「真打ちのプレゼンをしてもらわないと」と取り繕った。これには有識者も苦笑い。楽天副社長の山田善久のプレゼンと質疑を終えると、委員の慶応大学の国領二郎教授が「今のお話が今日のクライマックスだと思いますが」と発言、会場が笑いに包まれた。

楽天は仮想化インフラに活路

………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。