トヨタ「章男提携」は死屍累々

2018年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「また、悪い病気が始まった。これまでのようなことにならなければいいのだが……」。トヨタ自動車がソフトバンクとの「戦略的提携」を発表した10月初め。豊田章男と孫正義が握手を交わすシーンを目にしたトヨタOBは不安を口にした。章男が大物と握手するのが、既視感のある構図だったためだ。トヨタの時価総額は約23兆円で国内首位、12兆円あまりのソフトバンクグループが2位に付ける。「1・2位連合」で共同出資会社を設け、モビリティーサービス事業を始めるという。新会社の社長に就くソフトバンク副社長の宮川潤一は記者会見で、「過疎地には買い物弱者がたくさんいる。ボタン一つで家の前まで日用品がやってくる世界を実現したい」と説明した。

提携は空中分解する恐れ

自動車業界は今、このモビリティーサービスで持ちきりになっている。自動運転技術が発達して複数のユーザーが1台の自動車を共有するシェアリングが広が ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。