「第二のスルガ」西武信金と森信親

前金融庁長官が絶賛した「信金界の麒麟児」。一皮むけば野放図な不動産融資のモンスター。

2018年10月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

ここに1枚の為替手形の写しがある。先月から金融業者の間で物議を醸している手形だ。金額は11億円。都内のある会社代表が、この端数がないラウンド数字の高額手形を金融業者に持ち込み、資金を引き出そうとしていたという。振出日は2018年7月31日。支払期日は19年1月31日。収入印紙の割り印もあり、一見何の変哲もない為替手形だが、厄介な臆測を呼んでいる理由は、受取人欄が空欄であることに加え、振出人欄と引受人(支払人)欄に記された企業名にある。振出人の記載は、「エヌ・エス・ティー」(東京都板橋区、代表取締役山本英一)。安藤季賢という人物が15年2月まで代表を務めていた会社だ。安藤は同住所に本拠を置く「NU校友会」の代表取締役、山本は取締役を務める。ちなみにNU校友会の旧社名もエヌ・エス・ティー。紛らわしい限りだが、要するに両社は安藤や山本が経営する会社である。

何と預貸率85・8%!

この ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。