幹部からヒラまで日大「私物化」人事

2018年10月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

 8月24日に日本大学臨時理事会で「反則タックル事件」で懲戒免職となった内田正人氏(元アメフト部監督)に代わって、元理工学部長の越智光昭氏が常務理事(総務担当)に選ばれた。今年6月まで学校法人の常任監事(筆頭)を務め、任期満了で退いた越智氏を急きょ評議員に選任し、常務理事に抜擢したのは、田中英壽理事長に他ならない。「越智さんは、理事長夫人の優子さんが経営するちゃんこ料理屋へ足繁く通い、気に入られた。理事長の後押しで理工学部長に選ばれ、日大事業部の取締役を務め、その後も監事として重用された。理事長に心酔した彼は、何でも言うことを聞くから『日大一のイエスマン』と揶揄されてきた」(本部職員)2010年に田中理事長の肝いりで発足した日大事業部は、大学の完全子会社。事業活動を通し、その収益を大学に寄付・還元する目的で設立されたが、内実は「各学部から物品 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。