六代目山口組が「切り崩し」

神戸山口組の中核団体山健組で内紛。それに乗じて一気に攻勢に出る可能性も。

2018年10月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

3年前、指定暴力団六代目山口組(本部神戸)から分裂した神戸山口組(本部淡路)系の幹部・組員が、六代目側へ相次いで復帰している。中には神戸の中核団体山健組(本部神戸)の幹部も。六代目が8月を復帰期限と表明したことで拍車が掛かり、神戸から離脱した任侠山口組(本部尼崎)は「ほぼ組ごと合流」という情報が駆け巡った。六代目はこの機に神戸山口組潰しに乗り出すとの見方も出ている。警察は幹部逮捕や事務所締め出し、資金源の捜査でより弱体化を狙い、情勢は風雲急を告げている。六代目山口組は15年8月、若頭補佐だった井上邦雄・山健組組長ら直系組長13人が神戸山口組を結成し、分裂した。関係者は「司忍六代目組長の出身母体、弘道会(本部名古屋)が主導する山口組の運営への反発が離脱の理由だが、勢力拡大を続ける新興の弘道会と、渡辺芳則五代目組長を輩出するなど本流意識が強い山健 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。