会計スキャン RIZAPグループ

当期利益の大半を「負ののれん」が占める損失先送り経営

2018年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

RIZAPグループ(以下ライザップ)は、減量ジム運営を中核とする美容・健康関連事業を行っており、別に国際的な事業を展開しているわけでもないのに、2016年3月期以降、その会計基準を日本基準から国際会計基準に変更している。また、ライザップは、何かに憑かれた様に、本業に関連性の薄い種々雑多な企業を次々と買収している。ライザップが買収した企業には、イデアインターナショナル(東証JQ)、SDエンターテイメント(東証JQ)、夢展望(東証マザーズ)、HAPiNS(東証JQ)、マルコ(東証2部)、ジーンズメイト(東証1部)、ぱど(東証JQ)、堀田丸正(東証2部)、ワンダーコーポレーション(東証JQ)の上場9子会社がある。

公正な時価より安く買えたから収益

ライザップの企業買収で特徴的なのは、通常の企業買収では「のれん」が資産計上されることが一般的であるところ、「負ののれん」が頻繁に利益計上されていることにある。ラ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。