企業の逆選別始める監査法人

リスクのある企業を避け始めた。問題があるならそう「意見」すれば済むはずだが。

2018年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

国内上場会社の会計監査人の異動は1、2年前より少なくなったが、3年前より多い||。7月に公表された金融庁の公認会計士・監査審査会作成の報告書「平成30(2018)年版モニタリングレポート」はこんな言い回しで、監査法人を代える上場企業がいまだに多い、と指摘した。近年、監査法人と上場企業が、監査報酬や会計の仕方をめぐって対立するケースが増えているが、依然としてその状況が続いているようだ。レポートによると、上場企業で監査法人が交代したのは、16年6月期(15年7月1日~16年6月30日)は134社、17年6月期も134社で同数だったが、18年6月期は116社と前年より20社近く減った。監査法人を代えた理由の第1位は「監査報酬(を巡る対立)」で全理由74件のうち28件と3分の1近くを占めた。「監査報酬」は前年度も交代理由の1位だった。

「契約解除」を仕向ける

交代数は、15年6月期以前の3期はいずれも100社前後で落ち ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。