トランプが「対日関税」恫喝作戦

「メキシコ撃破」で勢いづく米USTR。自動車で負担増2兆円を匂わせ、茂木担当相を追い詰める。

2018年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉で米国がメキシコを押し切って大筋合意し、保護貿易主義的な強硬策をテコに果実を得たドナルド・トランプ大統領は鼻高々である。大統領はカナダとのNAFTA再交渉に続き、日本や中国などとも2国間取引(ディール)で攻め立てる方針だ。11月の中間選挙に向け、大統領の勢いに拍車がかかってきた。「米国の貿易にとって素晴らしい日になった。今回の合意は米国メキシコ通商協定と呼び、NAFTAという名称はやめにする」――。大統領は8月27日、高らかに宣言した。米国、カナダ、メキシコが参加するNAFTAは、民主党のビル・クリントン政権時代の1994年1月に発効した通商協定で、一部例外を除いて域内の関税を段階的に撤廃した。NAFTA発効後、日本の自動車メーカーなど多くの製造業が低賃金のメキシコやカナダに工場を移し、米国向け輸出の生産拠点としている。これについてトラ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。