タナボタふくおかFG「負ののれん」1千億円

最近の株価純資産倍率(PBR)は、低い順に地銀がズラリと並ぶ。柴戸社長は大赤字を帳消しにした!

2018年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

8月24日、公正取引委員会が、ふくおかフィナンシャルグループと、長崎県最大手の十八銀行の経営統合を認めた。07年に長崎県の親和銀行を傘下に収めたふくおかFGと、十八銀行が統合すると、両行合わせた県内の中小企業貸付シェアが8割近くになるため、地域独占を懸念した公取委が待ったをかけていた。打開策となったのは、両行が貸出金の一部をライバル金融機関に移す「債権譲渡」に踏み切ったこと。佐賀銀行や長崎銀行、信用金庫などに約1千億円の融資を肩代わりしてもらうことで県内の融資シェアを約65%に下げることにした。こうした措置を公取委が受け入れ、当初予定から2年遅れの19年4月に統合が実現することになった。

杉本vs 森の壮絶バトル

ふくおかFGと十八銀行が経営統合の合意を発表したのは16年2月のことだった。翌17年4月に経営統合し、その1年後にふくおかFG傘下の親和銀行と十八が合併するスキームだった。長 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。