孫正義がアーム担保の「背に腹」資金繰り

2018年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

年内にも通信子会社の親子上場を計画しているソフトバンクグループ(SBG)が、華為(ファーウエイ)など中国通信機器大手からのベンダーファイナンスを検討している――との本誌前号のスクープ「孫正義『毒皿』ファイナンス」が、9月7日に米通信社ブルームバーグが流した「SoftBank Is Seeking Loans From Banks Pitching for Big IPO」の記事で裏書きされた。アレックス・バリンカ記者ら3人の共同署名の同記事では、IPO引受主幹事候補の複数の銀行に対し「グループの他部門への貸し付けを提案すべきだ」と要請したという。IPO主幹事になるならカネも貸せ、という“虫のいい”要請で、ソフトバンク広報は否定コメントを出したが、通常は利益相反が危ぶまれるケースだからだ。だが、SBGと銀行が協議している案の一つは、2年前に3兆3千億円を投じてSBGが買収した英アーム株を担保にした80億ドル(約8850億円) ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。