盗人に追い銭「産業革新機構」

新組織の社長に「再生マフィア」田中正明を抜擢。経産官僚の目論見は「ソブリン・ウェルス・ファンド」の創設だ。

2018年10月号 BUSINESS [ 愚劣な「武家の商法」]

  • はてなブックマークに追加

官僚に安易に権益を与えてはいけない。彼らはそれを2度と手放さないからだ。官製ファンドの産業革新機構が今秋、新組織「産業革新投資機構」に改組される。15年間だった設置期間は2034年まで9年間も延長された。事実上の「恒久化」である。経産、財務官僚たちは「緊急避難」「時限措置」と言いながら、ついに「いつまでも好き放題に使える4兆円の財布」を手に入れた。極論すれば、日本は社会主義国家になろうとしている。

ベンチャー育成のはずが大企業救済

産業革新機構は期限延長と同時に「バッド機構」と「グッド機構」に分割される。バッド機構は旧革新機構がこれまでに投資した案件の管理・回収にあたる。旧革新機構会長(CEO)の志賀俊之、社長(COO)の勝又幹英が居座り続ける。負の遺産をバッド機構に押し付け、真っさらな状態から好き放題で投資できるのがグッド機構。初代社長は三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)元副 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。