アップル対中国低姿勢「台湾旗」でも首尾一貫

2018年9月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

中国と台湾の緊張関係は、米粒のように小さく表示されるiPhoneの絵文字にも暗い影を落としている。使用する「地域」を中国に設定したiPhoneでは、台湾旗の絵文字が消されている。台湾旗も含め万国旗の絵文字が追加されたのは2015年9月以降である。絵文字情報を紹介する「エモジペディア」によると、台湾旗に制限がかけられたのは17年の初頭以降だという。さらに、台湾旗の絵文字は、バグ騒ぎも引き起こしている。米メディア「WIRED」によると、アップルは、中国国内で使用されるiPhoneのOSに台湾旗の表示を制限するためのプログラムを加えていたが、それにバグがあった。中国以外のユーザーのiPhoneにも影響を与え、最悪の場合、台湾旗を含むメッセージを受け取った時点で使用中のアプリが強制終了するのだ。このバグを発見したのは、元米国安全保障局の職員のパトリック・ワードルだった。ワードルは、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。