大東建託「コンプラ室」は真っ黒

「内部通報する人間を把握し、もみ消しや異動の材料に使いたいだけでは」(社員)との酷評も。

2018年9月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

成長戦略の一つとして政府が「女性活躍推進」を掲げて久しい。人手不足も深刻な今、ダイバーシティは業界問わず、経営の大きな課題だ。東証一部上場のアパート建設大手、大東建託でも2015年、「ダイバーシティ推進課」を設置。さまざまな取り組みを行っているという。だが、そんな中で二人の女性社員がうつ病を発症。退職の事態に追い込まれた。

「逆らえば飛ばされる」の噂

少し前まで地方の一支店に勤務し、建築営業を担当していたという女性Aさんは、障害のある息子を持つシングルマザー。同居する母親は持病で通院中だった。当初大東建託にはアルバイトとして入社したが、契約が決まると多額の歩合が入るのを知り、生活のためにと建築営業の正社員に手を挙げ働き始めた。だが同社が販売する賃貸住宅は、安くても数千万円から1億円超で、営業未経験者が易々と売りさばける商品ではない。午前中に初訪20件、午後から再訪7件、夜 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。