オリンパス「偶発債務」の地雷炸裂で減益

2018年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

8月7日、オリンパスは中国子会社「奥林巴斯(深圳)工業」(OSZ)に対して安平泰投資発展が提起した訴訟に敗れ、深圳市中級人民法院から3077万4390ドル(約34億円)の賠償を命じられたと発表した。この敗訴に伴い、2019年3月期第1四半期の決算に34億5700万円を費用として計上。同時に過去の不正会計で信託銀行6行から求められていた損害賠償の和解金190億円も計上し、通期の連結純利益の予想を従前の590億円から400億円に引き下げた。実に32%もの大幅下方修正だ。信託銀行との和解はともかく、中国での敗訴による減益は多くの投資家にとって寝耳に水。安平泰との訴訟は本誌など少数のメディアが報じたものの、オリンパスは適時開示をせず、ひたすら口をつぐんでいたからだ。本誌は5月号の記事「オリンパス『訴訟禍』全リスト」で、同社が国内外で140件以上の訴訟を抱え、大きな偶発債務がいつ発生して ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。