バツイチ大和証券が「婚活」

ドンが「独り身宣言」をした大和証券グループに再婚の兆し。お相手は三井住友トラストHDか。

2018年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

あの大手証券会社が、銀行グループとの「婚活」を本格化させる気配を見せている。国内2位の大和証券グループだ。大和証券といえば、かつて三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)と共同出資で「大和証券SMBC」を設立し、約10年間にわたって傘下に置いていたが、2009年の合弁解消によってSMFGと袂を分かった「離婚歴」がある。合弁解消に至った理由は、大和証券側の「銀行グループに吞み込まれかねない」という恐怖心。それにもかかわらず、なぜふたたび銀行グループとの婚活に走るのか。背景には、大和証券グループの経営から「泣く子も黙るドン」が去ったことがある。「天皇」――。大和証券内でこう呼ばれてきた経営者がいた。その名は、鈴木茂晴(71)。04年の社長就任以来、長きにわたって大和証券グループを牛耳ってきたドンだ。11年に会長に退いた後も、取締役や執行役、さらには指名委員会の委員 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。