CFOも逃げる日産は「泥舟」

米市場不振で業績が急降下。CFOが逃げた。統合を狙うルノーの高笑いが聞こえる。

2018年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日産自動車が7月26日に発表した2018年4~6月期決算は悲惨なものだった。連結営業利益は前年同期比28.8%減の1091億円。日産よりも期間中の販売台数が45万台少ないスズキの1165億円を下回った。通期業績に対する進捗率は20%で、19年3月期通期の業績予想の達成に黄信号が灯った。「あの時を思い出すよ。今度は誰が責任を負わされるのかと、幹部連中は今から戦々恐々としているんじゃないかな」。決算内容を見た日産OBはそう囁く。あの時とは5年前に最高執行責任者(COO)だった志賀俊之が更迭された時のことだ。日産は13年11月に4~9月期決算を発表した際、通期業績を2期連続で下方修正した。最高経営責任者(CEO)だったカルロス・ゴーンは、その責任を志賀に負わせ、詰め腹を切らせた。「今期に業績を下方修正したら2期連続で、あの時と同じ状況になる。幹部が誰一人として傷を負わないなんてことはあ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。