大樹総研のイモヅルは札付き揃い

お里が知れる。「細野裏金」で浮かんだタニマチ矢島の周辺は、ぞろぞろ怪しい企業ばかり。

2018年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

旧民主党のホープだった細野豪志衆議院議員が昨年秋、5千万円の「裏金」貸付を受けた一件で黒幕とされる大樹総研の矢島義也会長は、民主党政権時代に銀座のクラブで「財務大臣 野田佳彦」と書かれた名刺を飲み屋で配り歩く姿が目撃されている。この“クラブ活動”には財務官僚もお供していたという。矢島は関係が深い野田(元首相)が財務相に就任したのを契機として、金融当局とのパイプを築いていった。その人脈は安倍政権返り咲き後も続いている。矢島は週刊新潮18年8月9日号のインタビューで「俺はただ人の良いオヤジ」などと自称している。本人はそう思っているのかもしれないが、周囲の者は矢島の金融庁・政界人脈をアテに接近している。問題は、矢島の周囲に証券・金融不祥事を起こす面々が多いことである。デフォルトがほぼ確実視されているソーシャルレンディング「グリーンインフラレンディン ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。