孫正義「毒皿」ファイナンス

親子上場でも苦しい資金調達。携帯5Gの設備投資を、華為・中国移動通信のベンダーファイナンスで賄う奇策浮上。

2018年9月号 BUSINESS [中国マネーが食指]

  • はてなブックマークに追加

「AI(人工知能)に私の頭の97%を専念させる」――8月6日、ソフトバンクグループ(SBG)の2018年4~6月決算発表で、孫正義会長兼社長が見せた1時間を超す独演会は、苦しくなるほど大風呂敷を広げる本領発揮。「群戦略」にAIを冠した「AI群戦略」の言葉だけ躍ってサプライズを欠き、直後の年初来高値が息切れしたのは、夏枯れ相場ばかりではない。恐らく孫の頭の97%は、AIでなく綱渡りの資金繰りで占められている。SBGの連結有利子負債は、6月末で13兆2060億円と、トヨタ自動車の19兆円に次ぐ国内第2位。これを支えるのが29.33%を保有する中国アリババ集団株。15兆円の評価額で有利子負債に見合うとはいえ、政策的にも売れない“死蔵”株だけに、キャッシュフローから言えば、有利子負債の圧縮が急務なのは火を見るより明らかだ。お荷物となっている米スプリントが4月29日、ドイツテレコム系のTモバイルと ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。