FACTA銘柄 Sin-Bin Box  三菱重工業 (東証1部)

「宮永忖度」か4千億円減損マジック

2018年8月号 BUSINESS [FACTA銘柄 Sin-Bin Box]

  • はてなブックマークに追加

「売り」「アンダーパフォーム(業界平均を下回る)」。6月初め、こんな辛口タイトルの電子メールが機関投資家に一斉送信された。送り主は証券会社のアナリストたち。「ネガ推奨」された銘柄は三菱重工業である。重工は5月に2018年3月期決算発表と同時に、21年3月期決算で1700億円の純利益をめざす中期経営計画を発表。6月5日、中計の具体案である事業別の戦略説明会を開催した。アナリストらの反応は散々。「先細りの原発ビジネスの継続性を説明できていない」「費用削減のペースが遅れる可能性がある」との声が聞かれた。古参アナリストに聞くと「MRJ処理に代表される経営のガバナンスが噴飯モノ」と返ってきた。MRJとは開発中の国産旅客機で、5回延期され重工の屋台骨を揺るがす。そこで19年3月期から従来の日本基準に代えて国際会計基準(IFRS)を適用し、期初から4千億円あるMRJ事業の資産をほぼ全 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。