「レオパレス」が怪文書で「オーナー会」潰し?

2018年8月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

アパートの建築基準法違反の疑いで、サブリース大手レオパレス21が3万7千棟あまりを調査するとの会見を行ってから2カ月近くが経過した。同社は6月に深山英世社長を本部長とする「緊急対策本部」を立ち上げ、調査状況を公開するなど対応に追われる。だがこの問題の影響はまだ広がりそうだ。一部の大手社宅代行業者では、レオパレス物件の斡旋を停止する動きが出ている。レオパレスのアパートは法人利用が57.8%を占め、個人契約戸数が頭打ちの中で昨年度も増えた。社宅や寮として利用したことのある企業は、今年3月までで4万8162社にのぼっており、斡旋停止はレオパレスにとっては痛手だ。6月28日に開かれた株主総会では、違法建築についての質問や経営陣の責任を問う声が相次いだ。レオパレス株主のうち58%は外国法人など海外勢。投資家らは業績の先行きに不安を募らせている。問題の一つは違法建築の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。