「埼玉自民党」上田県知事に募るイライラ

2018年8月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

埼玉県議会で圧倒的多数を握る自民党県議団が7月6日、全国知事会を相手に「条例違反の事態を追認しているに等しい」などとする決議案を出し、賛成多数で可決された。きっかけは4月、全国知事会が上田清司埼玉県知事を、過去最多の35人の知事の推薦で会長に選んだことだった。上田氏は2003年の初当選の翌年、自ら「3期を超えて在任しないよう努める」などとする「在任期間に関する条例」を提案して、議会はこれを議決した。ところが、15年にはこれを自ら破って4選に出馬して当選した。今回の決議は、これについて「選挙に勝てば知事自らが提案し、議会が議決した条例を守らなくてもよければ、地方自治には首長の是非を問う首長選挙だけあればよく、議会と議員は不要になる」と批判。「全国知事会の認識を問う」と、知事会にも矛先を向けた。18年度予算を審議した2月定例会では、特別養護老人ホーム(特養 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。