安遠「有罪」でオリンパス絶句

深圳工場も社員寮も「占拠」された。疑惑の“実行犯”に中国当局が法の裁き。オリンパスの逃げ道は断たれた。

2018年8月号 BUSINESS [深圳「閉鎖」工場ルポ]

  • はてなブックマークに追加

オリンパス深圳贈賄疑惑の舞台である中国の製造子会社「奥林巴斯(深圳)工業」(OSZ)が、想像を絶するカオスとなった。6月27日午後、FACTA記者は約2年ぶりに広東省深圳市の現地を訪ねた。オリンパスはデジタルカメラやレンズを生産していたOSZの操業停止を5月7日に突如発表。約1700人の従業員を事前協議もなしに解雇した。その後どうなったのか、この目で様子を確かめに来たのだ。敷地の東側の道路を正門に向かって歩くと、予期せぬ光景が目に飛び込んできた。門の近くの歩道上に簡易テーブルや椅子が置かれ、真っ黒い帽子と制服をまとったコワモテの男たちが7~8人もたむろしている。彼らの間を素知らぬ顔ですり抜けると、門の真横に簡易テントが設置され、中には空港の手荷物検査などに使われるX線検査装置が見えた。

操業停止の工場を厳重警備の怪

男たちの制服は中国警察の特殊部隊に瓜二つだが、背中に白文字で「特勤」と書 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。