GE「解体」に慄く日立・三菱

東芝そっくり。ダウ銘柄を外れた名門企業の不可解な財務。電力部門の不振で、日本の重電や原発もトバッチリ。

2018年8月号 BUSINESS [凋落のブラックホール]

  • はてなブックマークに追加

6月26日、米国のダウ工業株30種平均の構成銘柄から、エジソン創業のゼネラルエレクトリック(GE)が外れた。ダウ指数が始まった1896年当初からの銘柄がこれですべて姿を消す歴史的な一日である。2000年には時価総額60兆円を誇った誇り高きこの複合企業がいまや11兆円そこそこ。ダウ銘柄30社では株価がドン尻に落ちた時点で除外は予想されていたが、英フィナンシャルタイムズ(FT)紙の翌27日付「レックスコラム」は、トマス・ピンチョンをもじった「GE 重力の虹」という見出しの辛辣な評論記事を載せた。「重心をシフトさせる」――20日の会見でジョン・フラナリーCEOが述べた言葉に噛みつき、FTのコラムニストは、GEのバランスシートには「もう一つの重力現象がある。ブラックホールだ」と喝破した。確かに18年度の業績予想は、純利益が前年比10%減、1株利益も1.05~1.10ドル(従来予想は1.60~1.70ド ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。