笹社長の首にバリューアクトの匕首

オリンパス株主総会で異例の低支持率。マイクロソフトCEOも切ったモノ言う株主の脅威。

2018年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

6月26日午前10時、ヒルトン東京(東京都新宿区)の菊の間でオリンパスの株主総会が始まった。議案は、退任した社外取締役の後任と補欠監査役を決め、配当金を前期と同じ1株あたり28円とする程度。どうということのない議案ばかりだが、創業100周年を来年に控えてオリンパス経営陣はうまく乗り切れるのか、気を揉んでいたに違いない。その懸念は総会の11日前、株主に向けて示した「第150期定時株主総会議案に関する補足について」と題する説明文に表れていた。「定時株主総会の議案に関しまして、議決権行使助言会社から出されている意見について、改めて株主の皆様により正確にご理解いただくために……」で始まる説明文では、中国・深圳での贈賄疑惑について縷々陳弁している。

5%でも応援団がつく

こんな説明文を株主に向けて発信しなければならなかったのは、疑惑を理由に議決権行使助言会社が第2号議案の取締役選任案に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。