「ネット課金」愚鈍な日本の新聞

北欧や米豪ではニュース読者のソーシャル離れが有料化を後押し。「紙」に拘る日本は足踏み。

2018年8月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

デジタル化の進展による経営難に苦しんできた世界のニュースメディアだが、ニュース読者のフェイスブック(FB)離れを背景としたデジタル有料購読者の増加という明るい兆しがようやく見え始めたことが、6月に公表された英オックスフォード大学ロイター・ジャーナリズム研究所の「デジタル・ニュース・リポート2018」で明らかになった。一方、日本の新聞業界は急速な「紙」の部数減に直面しているにもかかわらず、日本経済新聞社を除けばデジタルに移行する方針をいまだに明確にしておらず、デジタルの有料購読者数も足踏み状態が続く。世界の流れから取り残されつつある。ロイター研究所の調査は毎年実施、今年は1月から2月にかけて欧米(南米を含む)とアジア太平洋の計37カ国のネット・ニュース・ユーザー7万4千人を対象に行われた。それによると、直近1週間にFB経由でニュースと接した人は、質問した ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。