「細野裏金」に蠢くmaneoと大樹

流行のソーシャルレンディングで集めた高利資金を、なんと政治家に賭けたワルの面々。

2018年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

7月6日、証券取引等監視委員会は、ソーシャルレンディング最大手maneoマーケット(社長・瀧本憲治)にファンド取得勧誘に係る虚偽表示(金融商品取引法117条1の2)があったとして、金融庁に行政処分するよう勧告した。ネットを通じサラリーマン投資家などから小口資金を募り、事業者に貸し付けて収益を原資に利回りを配当するソーシャルレンディング。maneoは自社のプラットフォームを介し様々な不動産事業への出資を勧誘し、今年6月末までに合計1300億円超を集めていた。監視委が問題視したのは再生可能エネルギー事業に特化したグリーンインフラレンディング(社長・中久保正己、以下GIL)である。16年10月の募集開始からmaneoを通じて集めた金は200億円。太陽光発電所事業を謳いながら、別の資金使途に使用していたことが「虚偽表示」にあたるとされた。

太陽光投資で自転車操業

昨年の総選挙の3日前に細野豪志元環境相が5 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。