セゾンの轍踏んだ「SBIインベストメント」

2018年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

本誌は昨年1月号で「セゾン『看板盗られる』大失態」としてクレディセゾンが「早給セゾンカード(現・Hayakyu)」との資本・業務提携に際し、同社代表(当時)の前科を見逃す失態を演じたことを報じたが、このほどSBIホールディングス傘下のベンチャーキャピタル大手「SBIインベストメント」でも、あろうことかセゾンを嵌めた人物の弟の会社にその前科に気付かぬまま2億円出資していたことがわかった。SBIインベストメントは昨年4月と今年4月、スタートアップ企業「モービック」(東京・丸の内)の優先株式を引き受ける形で合計2億円を出資した。モービックの事業内容は、Hayakyuと同じいわゆる「給与ファクタリング」。クライアント企業の勤怠管理システムと連動させ、パート・アルバイトを含む従業員が給料日前でも働いた分の賃金を受け取れるシステムを提供するというビジネスモデルだ。モービックに ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。